サプリメントで賢く解決|目の疲れに効果的な成分

自律神経を整えて冷え解消

婦人

自律神経を整える漢方成分

冷房の効いたオフィスで長時間働くのは、冷え症の人にとって苦痛でしかありません。そういう人は単に寒がりだというだけでなく、特に手足の血行不良が顕著なものです。冷え症の原因にはいろいろ考えられますが、ストレスや生活習慣の乱れが原因で自律神経に狂いが生じている可能性もあります。更年期障害の症状としても、顔のほてりや手足の冷えが表れる場合が決して珍しくはありません。ストレスその他の原因で自律神経のバランスが崩れてくると、手足の末梢血管が過剰に収縮して血行が悪化します。血行不良は肩凝りや頭痛・胃腸の不調などさまざまな身体症状の原因にもなります。こうした自律神経から来る症状に対して、病院では必ずしも有効な治療をしてくれないことが多いものです。自律神経失調症や更年期障害はむしろ東洋医学との相性が良いと言われています。同じように自律神経を原因とする冷え症の症状改善にも、漢方薬が効果を発揮しているのです。漢方薬が苦手という人の間では、生薬成分が配合されたサプリメントに人気が集まっています。中でも高麗人参や田七人参に多く含まれるサポニンは自律神経を整えるため、血行促進の高い効果が人気の理由なのです。

ホルモンバランスを調節

自律神経を整えて血行を促進させる成分はサポニン以外にも多くあります。そうした有用成分はサプリメントとして効率的に摂取できるよう、ほとんど例外なく商品化されているものです。薬を飲むよりも手軽に試すことができる冷え症対策として、冷房に悩まされている人の多くが利用しています。該当する有用成分として、ローヤルゼリーは最も代表的な例です。ミツバチの働き蜂によって作られるこのクリーム状の物質には優れた栄養分が豊富に含まれています。自律神経失調症や更年期障害改善に効果があるサプリメントとしても筆頭に挙げられるだけに、冷え症解消の高い効能が期待できるのです。ローヤルゼリーに含まれるデセン酸という物質が、ホルモンバランスを調節して手足の血行を良くしてくれます。大豆に多く含まれる成分として健康食品市場で人気の高いイソフラボンもまた、冷え症対策に有効です。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た分子構造をしているため、更年期障害の症状に悩む女性には特に高い効果を発揮します。以上の中から体質に合わせた成分配合のサプリメントを選ぶことにより、自律神経も正しく働くようになって冷房にも強くなれるのです。