サプリメントで賢く解決|目の疲れに効果的な成分

体と脳の健康のために

栄養補助食品

食生活の欧米化により日本人の食事は大幅に変化しましたが、それに伴い体質も変化しています。脳梗塞やがん、心筋梗塞や動脈硬化の患者が増加した背景の一つに食生活の変化があります。大病を防ぎ健康維持を心掛けるなら、常日頃から生活習慣病を防ぐ必要があります。それを可能にするのがサプリであり、毎日の食事とは別に健康補助食品として摂取します。体と脳の健康維持に有効なのがDHAとEPAであり、摂取すると体内で効率良く働きます。DHAとEPAのサプリを摂取する際は、食生活の見直しと適度な運動も行うと良く効果もアップします。またサプリは効き目が分かるまで時間を要するため、若いうちから健康のために取り組んでおくと良いです。

DHAはまぐろやサバ等に含まれる栄養素であり、正式名称をドコサヘキサエン酸と呼びます。EPAはいわしやきんき等に含まれる栄養素であり、正式名称をエイコサペンタエン酸と呼びます。似たような呼び名でも効果効能は異なるため、摂取する際は慎重に見極める必要があります。サプリの比較をすると、DHAは知力と気力に有効ですが、EPAは気力のための栄養素となります。サプリの比較により分かる事は、DHAは脳を健康にして中性脂肪を低減させる効果があります。EPAは全身の血液維持に欠かせない成分であり、健康維持に重要な役割があります。サプリの比較でもう一つ分かる事は、成人にはEPAであり子供にはDHAが有効な事です。体内での働き方がそれぞれ異なるため、サプリの比較により最適な栄養素を絞り込む事ができます。